イベント&キャンペーン

アルカサールビアフェスタ 2019.7.19・20

2019年7月19日(金)・20日(土)
7月19日(金)と20日(土)の二日間、「アルカサールビアフェスタ」を開催致しました。
初日は、「フライデーナイトフェス」と題し、アルカサールのテナントが出店する中、ボサノバやJazzなどのボーカリストとして活躍するプロのミュージシャンやフラメンコ、ベリーダンスといった大人のステージが繰り広げられ、仕事帰りの方々を中心にお酒を飲みながらステージを楽しむ姿が見られました。

ビアフェスタ2019_1

20日(土)は、14:00から「NPO法人いんざい子ども劇場」による子ども縁日を開催。子ども達自らが数か月前から企画を立て準備を進めてきた約20店舗がアルカサール軒下に出店し、開始早々多くの家族連れで賑わいました。
今年6回目の参加となる男児は、父親と二人三脚で射的ゲームを営業。次から次へと来店者が訪れる人気ぶりでした。

ビアフェスタ2019

9つの紙コップにピンポン玉を投げ入れ、入った数によって景品が異なる「YUKI’S SHOP」は、小学4年生の児童が店主。子ども縁日への参加は3回目ですが、店長を務めるのは初めてで、お客さんへの呼びかけに苦労している様子。保護者は「自分で企画から考えて最後までやり遂げる貴重な経験」と目を細めます。

ビアフェスタ2019

コリントゲームは、子どもと保護者の共同制作で図案を描いてゲーム盤を作成。子ども自らが積極的に来店者にルールを説明し、見守る保護者は、毎年子どもの成長を感じることができると感慨深げです。この日は、目標数を大きく上回る70名以上が来店し、大満足の様子でした。

ビアフェスタ2019

その他にも、いんざい子ども劇場と日頃から連携した活動が多い「NPO法人小林住みよいまちづくりの会」によるポップコーンと綿菓子、アルカサールテナント出店による飲食販売が人気を集め、長い列ができていました。
ステージでは、キッズや高校生、よさこいソーランチームによるダンスが披露されました。

ビアフェスタ2019

ビアフェスタ2019

中でも、よさこいソーラン「こころざし」は、大きな旗を振り回すダイナミックな演舞で、観客から惜しみない拍手が送られ、巧みなトークと躍動感溢れる渾身のパフォーマンスに盛り上がりは最高潮に達しました。

ビアフェスタ2019

ビアフェスタ2019

最後は地域で活動する多彩なバンドが出演。お酒を飲みながら楽しんでいる観客が多く、出演者の呼びかけに合わせてジョッキを掲げ、一緒に歌う場面も見られるなど、観客とステージが一体となって盛り上がりました。

ビアフェスタ2019

「アルカサールビアフェスタ」には、二日間合わせて約2,000名が来場。お酒や多彩なステージ、子ども縁日など、仕事帰りのオフィスワーカーから家族連れまで幅広い層が訪れ、夏の週末を思い思いに満喫していました。

ビアフェスタ2019

いんざい子供劇場